読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

05月14日 最近思ったこと

01 メンズ用ポーチ 「鞄の中がくしゃくしゃになっていませんか?」 ポーチといえばどんなことを思い出すだろう。薬が常備されている母のポーチ。化粧品を入れるもの。学生時代に聞いていたナインティナインのラジオで、雛形あきこのマネージャーがかわいら…

合わない精神安定剤を飲んでたせいでスマブラ五連敗した

01 パルテナ 最近パルテナを使っています、なんて二つ前の記事で書いている。最初は10戦7勝3敗という戦績。しかし今では全く勝てない。動画を見てただけでそんな良い戦績がでることが信じられない。とはいえ負け続けることも屈辱だ。勝っても負けても…

「○○女子」は定着するが、「○○男子」という言葉は定着しない 二十代男子の居場所はどこにある?

ブックオフで100円で購入した村上龍の「男は消耗品である」を読む。その中で、「メディアは若い男の味方ではなく、当人たちは元気がなくなる一方である」みたいな下りを見つける。 すべての男は消耗品である (集英社文庫) 作者: 村上龍 出版社/メーカー: 集…

夜になったし過去に言われたトラウマとなっている言葉をがんばって肯定していく

「どもっているからそこでマイナスだよな。 人事にはどういう人間かっていうのがすぐわかる。 面接を受けてもどこにも採用されないだろうなお前は」 「どもらない人でも嫌なことを言う人よりも、 どもっていても嫌なことを言わない人のほうが一緒にいてて楽…

Zeroを負かした至高のパルテナ使い「Prince Ramen」とは何者か

懲りずにゲーム。スマブラ。 wiiフィットトレーナーとクッパに費やした総プレイ時間250時間。 苦手なサムスやカービィにはほぼ全敗しているものの、 ガチ乱闘の勝率を53%に抑えてきた。 「自分の好きなキャラでがんばろう」 「他に使いたいキャラいないし、…

働き先(パート)から失踪して、もうすぐ一週間。 午後3時に起きて、呼吸法など試したものの、しばらくベッドから動けず。 午前1時になって、母の作ってくれたカレーを食べる。 精神安定剤の「レクサプロ」を服用する (これさえ飲んでいれば自分はいつで…

アルコ&ピース酒井さん

三十歳になる

二日前に三十歳の誕生日を迎えた。 今日、介護のパートの早番だ。午前六時には出勤する。 いつもなら午後九時に布団に入り、午前四時に起きる。 起きたら一時間電気ストーブの前でぼうっと何もせず、 五時に顔を洗い歯を磨き、冷蔵庫から弁当に具を詰めて支…

【小説】爆弾をもっと爆弾を更なる殺傷力のある爆弾を【6万5000文字】

爆弾を、もっと爆弾を、さらなる殺傷力のある爆弾を 完全なる暗闇Ⅰ 午後八時。食べたお皿をシンクに置く。テレビのスイッチを切る。蛍光灯のひもを引っ張る。部屋がグレーの暗幕を張られて八畳の居間が大人しくなる。 カーテンとカーテンには黒いテープが張…

【小説】恋する薬【やんわりホラー】

「手を出すな!」 ホールスタッフの男性従業員がバーテンダーに注意されている。周りの客に聞こえるぐらいの声で。男は今この結婚式場に、昔の、二十代後半の、日常に疲れた顔をした。それから俺は叱られた従業員が気になり出す。 あの従業員が俺にそっくり…

【小説】話したことがないクラスメイト【ホラー】

「栄太くん。俺、ザリガニがいっぱいいるとこ、知ってるよ」 雑巾を投げる手を止めて振り向くと、同じ班の奏(かなで)が箒を持って立っていた。「俺がザリガニ釣りが得意ってなんでわかるの」「だってよく教室で話していたから」 栄太は嬉しくなった。話した…

あいさつ

理想の職場

慣れ

休日

雇用形態

休日